BELLINGER

ベリンガー(bellflare別館)

ここじゃ誰もが胎児に戻る
子宮内 無邪気に踊る

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 歌詞(アイゾメ) | TOP | 前夜 >>

2016.03.22 Tuesday

愛染

あいぜん ではなく アイゾメ。
"Eyes on me" との掛詞です。

いちおう少しだけ曲解説とかさせて頂きますね!(恒例の、暇な人向けの)




桜の曲です。
桜についてを歌うのは、人生で2〜3度目のことかもしれません。
「春を待つ」ような時期に書いていた歌詞だったんですが、
いつの間にやら、ソメイヨシノの開花宣言が終わってしまいました。
とりあえず、ギリ春には間に合った!

MIXに悩みまくってた時に、DYES IWASAKI氏に色々とアドバイスを頂きました…。
かといって、もちろん上手なMIXなんて出来ていませんが、
初期段階よりはかなりマシになっている気がします。
ありがとうございましたダイスせんせー!

暗い歌詞のように聞こえるかもしれませんが、
一応明るい未来への希望を歌っている部分もあります。

この曲内での「愛色」は、
「桜色」(ピンク)とはイコールではなく
こう、未来に咲く希望を、絞り尽くして染め上げてようやく得られる色のような…。
具体的に何色、とは言えないものですね。答えは本当に、俺には分からない。
だからポエムみたいな感じで誤魔化すしかない。なんて茶化す感じ。
みなさんはどうでしょうか?何色だと思いますか?

…という理由で、どうしても動画にすることができなかったのです。
どうしても「答え」を「桜色」にミスリードするような動画になってしまいそうで。
いやまあ、黒背景に白歌詞だけ出せばいいんですけど。それはそれで、手抜き感出ますし。

トラックはこちら nico.ms/sm23415571 をお借りしました。
no.9 さん、で合ってますでしょうか。それとも藤原さんなのかな。
すみません、ご連絡先がわかりませんでしたので、こちらで謝辞を。
素敵なトラックをありがとうございました。とても楽しく歌えました。
今回、ニコ動以外での使用になってしまってすみません。
もし問題がありましたら、ご一報頂ければすぐに削除いたします!
↑すみません、TM名様は「No.09」様です!お詫びとともに訂正いたします。

歌詞に力を入れ過ぎて、メロ部分とかの作りが結構甘くなってしまった。かもしれない。
もっとメロセンスとかハモリセンスを磨きてえなあ。ちょっとサビメロ微妙かなぁ?

あ、サビの掛詞にも、いちおうちゃんと意味が込めてあります!
でもあんまり語るとクドくなるのでほどほどにしておきます!

和風なテイストの感じられるトラックで、ソロっていうのは初めてなので
それもちょっと緊張してた!でもRECは楽しかった!
自分の違う一面を引き出してもらえた気がします。

ちなみに
この歌詞を書くきっかけとなったのは、
「色」について、別のコラボ曲で真剣に考える機会があったためです。その副産物かも。
お察しのよい方なら、何のコラボか勘づかれてしまうかも。ヒントは「描く」やつね。
実はそっちのコラボでRAPさせてもらったときに、この「アイゾメ」の一部と
ほんの少しだけ歌詞をダブらせてるんです。
早くそっちも聴いてもらえたら良いなぁ。

そんな感じ!

ダラダラしたトークより!歌にして3分!
駄文を失礼しましたッッッ!
 
21:05 | - | comments(3) | - | pookmark |
2017.10.15 Sunday

スポンサーサイト


21:05 | - | - | - | pookmark |

コメント

すごく優しくて柔らかい声色でしっとりとした見たことのないべる先生が見られてすごく良かったです!
この季節に合う曲で春だなぁと思わせてくれるような曲でした!
凡庸な感想しか送れずすみません&#128557;
これからのご活躍応援しています!
失礼しました!
2016/03/25 7:08 PM by もむむ
どんな形にせよill.bellさんの歌を聴けるのは嬉しいです。ずっと応援してます。
2016/03/25 10:51 PM by よこめん
桜色…初出は『古今和歌集』の「桜色に衣は深く染めて着む 花の散りなむ後の形見に(紀有朋)」
まだ 「有る」状態を見て、それが 「無い」状態のことを
思い浮かべるというかたち。
桜の色は薄い色だが、それを「深く 染めて着む」ということは、
うつろわないようにという意味であろう。

甕覗(かめのぞき)…藍染めの藍が死ぬ一番最後の色で、雨上がりの青空のような色。
もしくは張られていた水面に映った空の色を人が覗き見た色などという説もあり。


愛の色なんて分かンない。
色々調べたり、考えていました。
それでも“桜の曲”として描かれたこと
絞り尽くす痛みのようなものの漂う歌詞の意味
まだ、考えて
今も、聴いています。

いきなり答えの出ていないメモみたいなものを書いて長文すみません…
答えは出せないと思ったので、今、コメントさせて頂きましたm(_ _)m

歌にして3分はスゴい☆
2016/11/30 7:14 PM by チャオ

コメントする









▲top